2017年5月19日金曜日

立教180年 里親連盟分科会(年度総会)

去る4月25日、第10回社会福祉大会が陽気ホールにて開催され、引き続き午後からは里親連盟分科会(年度総会)が開催された。

 






里親信条を全員で唱和した後に、杉山委員長挨拶、平成28年度活動報告・会計報告・監査報告、平成29年度活動計画・予算計画・質疑応答が行われた。




 その後のシンポジウムで、里親サロン、広報、研修担当者によるお知らせ・報告があった。サロン担当山崎委員は、毎月のサロンの写真をスクリーンに映し出しながら、「毎回里親連盟の委員による基調講演があり、そのお話を基にサロンが大変盛り上がっている。こらからも基調講演を毎回つとめていただき、いろんなことを共に学んで行きましょう」と訴えた。




広報担当西森委員は、さとおや誌発刊、ホームページをしっかり活用していただくお願いや、新しく取り組んでいるメーリングリストの啓蒙を行った。




研修担当杉江委員は、TFA(天理教里親子育てアプローチ)紹介講座をつとめて、参加された方々の子育てに関する共感を得ていた。特に、白梅の寮生さん方は、これから養育の現場で活躍する前に、目からウロコのお話に驚いていた。




 
 

参加者は委員を含め会員55名、白梅寮生と先生64名が参加。大変有意義な里親連盟分科会となった。